<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おうちといす展


今日から始まる「おうちといす展」で米子に来ています。

クレイさんでの四回目となる展示に搬入しながら、
つくづく有難い気持ちでいっぱいになりました。

作ることは私一人で出来たとしても、個展を続けるという事は、
事実、私一人の問題じゃない。

有難い。

感謝してもしきれない。


震災後、初めての展示。

正直、この一ヶ月半ほど、何度ももう作れないと思うほど、
心が揺れ動いた。

一日の内、エネルギーがみなぎって心が強い時だけ
制作に打ち込んだ。

そんな強い子ばかりのおうちたち。

一生、忘れる事の出来ない制作期間と個展だ。

もしかしたら、経験しなくてよかった事ばかりかも
しれない。
ただ、現実という現実からは逃げれない。

この時代に突入したには、必ずしも意味があって
存在している私達の意味もそれぞれある。

逃げずに向き合い続け、良い流れになる様に考え
行動出来るよう、努力したい。


まだまだ私達は無限の中で始まったばかり。



*Twitter始めました。*
*川口静佳 shizuka__0306 *
[PR]
by mo36a36ni36 | 2011-04-29 01:01

おうちといす展


今月末の29日から 「おうちといす展」が始まります。

鳥取は米子、今回で4回目の個展となる、'tis Clayさんでの展示です。

続くという事に…とても嬉しい気持ちです。



なぜ!?米子!?

お客様のおかげで色々なご縁があって、駆け出しの頃から大変お世話になっているのです。

オーナーさんが、ほんと憧れる素敵な女性で、こう歳を重ねていけたら…と、
私の理想の大人像…。
ほんと爽やかな優しい風のような女性です。
お客さまを介して出会えた事、毎年、個展をさせてもらえる事に心から感謝です。

今回、こう震災があり万全の体制で制作出来ていない自分に腹が立ち、葛藤と情けなくなりつつ…

でも、改めて!!制作に気持ちや想いを込める事に毎日起きた時から精神を注いでいます。


      2011        4/29 - 5/25

   'tis Clay       「いろいろなおうち展」

〒683-0805 米子市西福原4−8−50

phpne:0859-22-3034 (29日は夕方まで在廊いたします。)

e0197852_238394.jpg




今回も同級生のデザイナーの友人に素敵なDMを作っていただきました!
(昨日、その友人夫婦が遊びに来てくれて、おしゃべりして、なんとも久々の息抜きになりました☆ありがと!)

ご近所の方やお近くへお越しの際は、お出かけ下さいね。
お待ちしております。
[PR]
by mo36a36ni36 | 2011-04-11 02:53

0311

玉造にあるbeyerさんの企画展「0311」に参加しています。

震災から2週間ほど経った時、バイエルさんからメールが届きました。
地震後の想いが詰まったメールでした。

バイエルさんの想いを私の言葉では上手く代弁できませんが、
私達が出来る事をシンプルに最大限に想いを込めた企画展です。
(売り上げが赤十字を通して義援金となります。)

芸術が生活の中で心を潤し、豊かにする。

もしかしたら単なる贅沢と思われる方もいるかもしれません。

しかし、無意識に身の回りにあるものや目にするものが、心のこもった温かなものであったり、きれいな空気が漂う美しいものであったなら、無意識に心に染み、心が健康に豊かに育まれていくものだと思います。

本来芸術はあらゆる人に与えられた心・感性で楽しむもの。普遍的なもの。

自然であっても、音楽であっても美術品工芸品であっても、そうじゃないものであっても、全てのものに対して。。。

私は、いつもそう感じ、愛してやまないのです。

つくる側はある程度の学びと忍耐が必要だが、見る側はそれぞれの自由で見て感じていただければいい。
丁寧に温かにつくられたものはちゃんとその気持ちが伝わる。また怖くて訳の分からないものはやっぱり訳の分からないもので終わる。それは作り手の技量で伝わってないんだから見る側はそれでいいんだと思う。
私自身、高校・大学と美術専門にがっつり勉強してきたが、やっぱ怖くて気持ち悪い作品は訳分からないし、独りよがりな作品は見てて腹が立つ。でもそれでいいと思ってる。抽象的なものであっても、見る側に伝えたい想いがあれば伝わるもんだ。

ただ日本の義務教育や高校の芸術の在り方に問題があって、つくる人も見る人も育ってないんですね。
私達の生活で芸術を楽しむ事は、難しい事ばかりではないのです。

いつの時代も私達のそばにあったもの。
私達、日本人の美意識とは、すばらしい日本文化なのです。(こういう事を教育機関でもっともっと大切に扱って欲しい!)

多くの方々に見ていただけて気に入っていただけたら幸いです。

芸術が生活の根源で支えとなる事を、今回のバイエルさんの企画展の参加をいただいた時に改めて確信しました。
そして私自身、わずかな出来る事で形を変え被災地に届く事、心が救われました。(バイエルさん、ありがとう!)

私の他にも私の大好きな作家さんも参加されています。

どうぞよろしくお願いいたします。

(私は個展後という事もあり手元に作品が無く、昨年の瀬戸芸のイベント参加の際にサンプルとして制作し、記録用に保管していた未使用のおうちを展示させていただきました!)

beyer  

期間     〜4/27(月)
  
 〒543-0014   大阪市天王寺区玉造元町14-25

06-6625-8915
[PR]
by mo36a36ni36 | 2011-04-09 02:15