<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今からこれじゃ…


思いの他、急に冷え込み、焦ります。
まだクローゼットの模様替えもしていなかったので、衣装ケースから温かそうな服をとりあえずひっぱり出して着たものの…

これって真冬に着込んでたものと同じやん…!?

どうしよう…

ヒートテックのノースリーと半袖の2枚重ねに腹巻き+通常の服+フリース…

でも寒いのは我慢出来ませんの…

ん〜、前回の冬はさらに長袖のヒートテックを来て3枚だったけど、今年は4枚になる可能性有りかしら!?
(もちろんインナーで上にはさらに重ね着します。冬の毎日の洗濯物の量は多いのです。)

そして夫の去年のインナーがダメになってサヨナラしたのを思い出し、焦ってヌクヌクなインナーを買いに行きました。

明日から着込んでもらおうと思います。

私達夫婦のこの冬が心配になります。。。
[PR]
by mo36a36ni36 | 2010-10-28 01:06

田川朋子さんのショー

個展が始まるまで詰め詰めのスケジュールだったせいか、自分を解放しようと最近フラフラしていました。
出かけたり、友達と会ったり、夜ご飯を気合い入れて作ったり、友達と長電話してみたり…といろいろ。

そして今日は、瀬戸芸でご一緒した衣装の田川朋子さんのファッションショーに出かけました。
未だかつてファッションショーなんてご縁も無く、雑誌やテレビでしか見た事がなかったので、楽しみな反面緊張。ワンドリンクのビールでいいかんじにほろ酔いの中、ショーが始まりました。
(写真は撮ったのですが、ブログに載せて良いか聞くのを忘れたので、とりあえず無しで…ごめんなさい。)

初めてのショー、たまらない空気感でした。
いい意味の…あの血なまぐさい空気感に、吸い込まれました。
衣装、美しかったです。余計なものが無くて生地が動く美しい形。布ってこんな表情なんだ…って思いました。
優しいし、強い。相反するものの共存というか。ん〜、なんというか、ただただ魅力的でした。
ショーも初めてだし、田川さんのショーも初めてだから、自分の中で比較するものが何もなくて分からないのだけど、なんというか田川さんの服を着たモデルさんにまとわり付く人間の生臭い感じが何とも言えず、魅了されました。
余韻というか…私にもまとわり付いて帰ってきた感じです。

ショーってこういう事なんかな…

きっと生で見ないとこれは感じる事が出来なかった事。
こう書いてても、もちろん完全に伝える事が出来ないし。今の時代、ネットとかでじゃんじゃん情報を見る事が出来るけど、実感する事が出来ない。パソコンで知らない事を知っても感動というか、心が震える事も無いし。やっぱり単に情報に過ぎないんだろうな〜。

それを思うと本当に今日のショーは、感じる事が多くありました。
もっと見たい感じたいと思うものに出会えて、今夜は心が満たされました。

幸せな秋の夜長…
[PR]
by mo36a36ni36 | 2010-10-25 01:30

いろいろなおうち展   in 鳥取/境港

13日から、鳥取/境港の一月と六月さんで個展をさせていただいています。
一月と六月さんでの展示は、昨年2人展をさせていただき今回2回目となります。
とても気さくなオーナーご夫婦さんなので、もうずーっと前からお世話になっている感じです。
オーナーご夫婦さんにお会いするのも楽しみだし、なんと言っても境港は魚介がおいしくって…ご飯も楽しみ♪
そんなこんなで境港へ行くのはとても楽しみでした。

12日から搬入の為、境港入り。ゲゲゲの女房効果でにぎわっていました。
今回2度目と言う事もあり、展示のイメージがわりと出来ていてスムーズに搬入が出来ました。

少しだけお見せします♪
e0197852_1295056.jpg

空間ってほんとギャラリーさんによってそれぞれ。もちろん大きさも違うし、雰囲気も。
今回も一月と六月さんでしか出来ない展示になったと思います。

さて、もう一つの楽しみ☆夜ご飯☆
一月と六月さんに連れて行っていただいた、お店が本当においしかった!!!
仕事の後のビールとおいしいおいしいご飯。これほどの幸せは他に無い!
白バイ貝が大好きと言うのを大将に伝えておいてくださって…中央に感激の量!!!関西では、なかなか食べれないお刺身ばかりで、どれも最高においしかった!!!
e0197852_131173.jpg


初めて食べた、うなぎの白焼き。うなぎってこんな味なの〜ってぐらい優しい味がした☆おいしい!!!
e0197852_1313657.jpg


きんめの煮付け♪これまたほんとおいしかった!!見るからにおいしそうでしょ〜☆トロトロ〜☆
e0197852_132555.jpg


他にもいろいろ食べて、どれも最高においしかった!朝から車で鳥取へ行き、搬入し、おいしいご飯…充実だった。

次の日の初日は在廊し、ラッキーな事に一月と六月さんに取材に来られた生ラジオに出させていただき宣伝までさせてもらいました。ありがとうございました!

初日に来て下さった方々とゆっくりたくさんお話も出来て、楽しかったです☆
お話すると学ぶこと感じることたくさんあります。遠いから、なかなか在廊出来ないけど、出来る時はその時間を大切にしたいです。
ありがとうございました♪

一つ一つ作品の写真を撮っていなくて、帰ってきてからあのこ撮っておけば良かった〜とか思い出したりします。(あっ!好きだからとかじゃなく、細かいとこの記録として。)
二度と会えないかも。。。でももう会えなくても、誰かが気に入ってくれて誰かの暮らしの中にいるとか考えるとそれが一番嬉しいし感動する。あのおうちは、どこでどんな暮らしの中にいるのかな〜とか。買ってくださった方を思い出して、どんな風に飾ってるのかな〜とか。
私の手から離れて、その人の元でまた新しい物語が広がっていくんだな〜と思うと、幸せな気持ちになります。ピタッてはまる言葉が思いつかないけど、作品を通して出会えること、広がること、感謝しております☆

気持ちの良い秋日和が続きますね。
みなさん、朝晩の冷えには気をつけて、秋を楽しんでくださいね☆
[PR]
by mo36a36ni36 | 2010-10-17 21:37

瀬戸内国際芸術際


10/10に豊島で行われた food scape ☆

準備の為、私は堀田さん スタッフさんと8日から豊島入り。

普段一人で制作するので、一つの作品を数名でつくり上げる経験を出来て良かったです。
本当に学ぶ事が多かった!得る事が多かった!

みんなほんとそれぞれでマイペースだけど、笑いの耐えない毎日。
いいバランスのチームワークで、仕込みも楽しく進みました。
2泊3日、衣食住を共にしての準備っていいな〜。
左のスタッフさんは、中津のトアル食堂を営む素敵な濱さん。右のスタッフさんは同い年ということもあり、3人で楽しく仕込み。
e0197852_20484720.jpg

イメージを固めていく堀田さん。
e0197852_204921100.jpg


二日雨だったのでほとんど仕込みに集中し外には出なかったけど、当日は快晴で最高のイベント日和!
衣装を手がけた田川さんも合流!
海が青い! 青い海、大好き☆
e0197852_20571341.jpg


food scapeの会場
e0197852_2143515.jpg

まず堀田さんがおうちの場所を決め
e0197852_2152525.jpg

e0197852_2161065.jpg

だんだんと豊島の風景が出来てきます。
e0197852_2182677.jpg

e0197852_21153874.jpg

アコーディオン楽団/リュクサンブール公園さんとウクレレ歌手/リナリナさん。
素敵な音楽の中でのfood scape☆
e0197852_21162897.jpg

e0197852_21461979.jpg

田川さんと私は見物☆
e0197852_21194821.jpg

豊島には美しい棚田があります。棚田のfood scapeは、美しい。
e0197852_21221247.jpg

馴染むか不安だったおうち達もすっかりfood scapeの一つに…
e0197852_21265931.jpg

e0197852_21274774.jpg

e0197852_2128242.jpg

e0197852_21292823.jpg

e0197852_21302131.jpg

おうちの中には、お塩とお醤油パウダー
e0197852_2131664.jpg

ごちそうさま♪
e0197852_21323956.jpg

始まったと思ったら、あっと言う間のfood scapeでした。

名残惜しかったけど鳥取での個展準備の為、リュクサンブール公園さんに同行させてもらい終わり次第帰りました。

また夕焼けが素晴らしかった!
この日に合った夕焼けでした。
e0197852_21383472.jpg


見にいらしてくださったお客さま、お声をかけていただいた堀田さん、瀬戸芸のスタッフさん、food scapeでご一緒したみなさん、
素敵な時間をありがとうございました!!!

e0197852_2143231.jpg

[PR]
by mo36a36ni36 | 2010-10-14 21:48

帰宅


先程、鳥取/境港から無事帰宅しました。
数時間前まで鳥取に居たのに、、、私の頭の中はまだ鳥取にいる様で、、、体は奈良、、、不思議な感覚です。


山道の高速では、運転しながらでも夜空にオリオン座がきれいに見えました。


個展の初日を無事に始める事が出来た事もあって、とても清々しい帰り道でどこまでも行けそうな気分でした。

夜の海を見に行きたいな〜と思いました。


初日に来て下さった方々、一月と六月ご夫妻さま、スタッフさま、ありがとうございました。

また明日明後日には瀬戸芸と個展についてお伝え出来たらな〜と思います。

今日はここで おやすみなさい ☆
[PR]
by mo36a36ni36 | 2010-10-14 03:12

鳥取/ 境港


瀬戸内国際芸術際のイベントは、たくさんの方々が来て下さりとても楽しく、無事に終わりました。
ありがとうございました! 後日、ブログで詳細をお伝え出来たらな〜と思います。

さて、次は明後日から鳥取/境港で個展が始まります。
搬入の為、明日鳥取へ向かいます。



いろいろなおうち展

一月と六月

2010 10/13(wed)−31(sun) 最終日は17:00まで
    OPEN 11:00-18:00   CLOSE Monday.Tuesday

684-0021  鳥取県境港市日ノ出町48番地
phone: 0859-44-1630

☆ 10/13 の初日は18:00頃まで在廊いたします。☆
                                             ぜひお立ち寄り下さいね♪お待ちしております♪
[PR]
by mo36a36ni36 | 2010-10-12 00:31

瀬戸内国際芸術際


とてもありがたい事に、瀬戸内国際芸術際/豊島・島キッチンにて10月10日に行われるイベントに参加させていただく事になりました。
明日から豊島に行ってきます。


          ー 豊島 ・ 島キッチン ー

10月10日    14:30〜

料理研究家 ・ 堀田祐介 ×  アコーディオン楽団 ・ リュクサンブール公園

器 ・ 川口静佳      衣装 ・ 田川明子



8月大阪・茨木のla galerieさんでさせていただいた個展で、別件でいらしていた堀田さんに声をかけていただき、堀田さんのフードの作品・food scape に参加させていただく事になりました。それはそれは、魅力的な作品です。

瀬戸内国際芸術際は、とても気になっていて行きたいな〜と思っていたので、本当に嬉しいお仕事の依頼でした。堀田さん、感謝です!ありがとうございます!!!
ただ、9月10月とグループ展・個展と予定が続いていた事もあり、限られた時間の中、失敗は許されないし、どれだけ完成度を上げられるだろうかと不安もありましたが…出来ました!間に合いました!
お話をいただいた当初から堀田さんが、「唐櫃地区特有の石垣を取り込みたい」と言っておられたのと「豊島には壇山という山があり、この山が豊富な水を蓄え豊かな自然を育んでいます。」と写真共に送っていただいたメールに書かれていたのが印象的で、この2つに重点を置きイメージを膨らまし制作しました。

豊島の形をした巨大な食べられるモザイクアート food scape 

とても楽しみです♪

ぜひお越し下さい。お待ちしております。
[PR]
by mo36a36ni36 | 2010-10-07 21:24

ダリア


月曜日、車で30分弱で行ける 馬見丘陵公園 に行った。
広くて、自然いっぱいで気持ちの良い公園。
わりと近いのに、行くのは中学校以来だ。もったいない。

ちょうど今の時期、やまと花ごよみ2010 というイベントが行われていて、
ダリアがいっぱい と聞いて 行った。

理由は分からないが、私はダリアが好き。

雨上がりで、雫をまとった瑞々しい ダリア。
かわいい かわいい 少女のような ダリア。
真っ赤な情熱色のダリア。

私は、かわいい ピンクのダリアがお気に入り。

e0197852_1839740.jpg


e0197852_18393695.jpg


e0197852_1840728.jpg


満足なだけたっぷり見て、フードコートに行ったら
なんと!

ダリアソフトクリーム  ☆

e0197852_1844249.jpg


こんなの初めて ☆

想像通りのかわいいピンクに、ロマンティックな味がした。
[PR]
by mo36a36ni36 | 2010-10-06 18:49

本焼き


今日は一日 釉薬掛けをして、先程 本焼きが始まった。

私は電気窯での酸化焼成。

だけど、火の神様に

無事に焼き上がりますように…

と手を合わせる。
お酒も置く。 窯場には、おふだ(火事になりませんように、の おふだ。これは貼る方角も指定されたのだ。)も貼ってある。
こうゆうのは、大切な事。

ここからは、電気窯といえども 火の神様のお力で焼かれるのだから。
制作だけでは無く 日頃も誠意が足りなかったら、ここで原因不明の失敗とかに合うと思う。
火の神様は、ちゃんと見てるんだと思う。

今回、普段はしない事をした 作品も入れたので、気持ちが落ち着かない。
ドキドキする。
思う感じに焼き上がりますよーに!

火の神様、どうぞよろしくお願いします!!!
[PR]
by mo36a36ni36 | 2010-10-03 21:39

制作の合間に

色々な予定が重なる事がある。

奈良ではこの見たい展示。
大阪ではこの展示。
期間は、重なってる。 一日かけて行き来するのもいいけど、制作もしたい。

土で作品をつくるにあたって、土は生ものなので、乾燥するし今日じゃないと出来ない作業もある。
タイミングを外すと土に無理をかけてしまうので、素材の良さが自然に出ない。不自然になる。
自然の恵みでつくらせてもらってるのに、失礼だ。
私はその土の日々の変化を観察して、添うのが好き。
その生活の中で土に教わる事が多くある。


だから、もちろん予定は、制作優先に組まれる。
窯入れを控えていたのでいつもよりもピリピリしていて、見たい展示もあるのに外出出来なさそう…。
と思いながらも、ちょっと3時間ほど出れそうだったので、昨日  奈良の秋篠の森で展示されているMAROBAYAさんの展示を見に行ってきた。最終日だし今日しか無い!

MAROBAYAさんは服をつくられている。

それはそれは、丁寧なものばかりで触っているだけで贅沢な気分になる。
最終日という事もありMAROBAYAさんもいらっしゃって、生地のお話も聞くことができた。
魅力的な理由もわかって、ますます触ってしまう。
もうすぐ夫の誕生日という事もあって、シャツをプレゼントに買った。
素敵なプレゼントを見つける事ができて嬉しい。

そして手にしたら、欲しくなってしまうから迷ったけど、手に取るどころか試着してしまった。

それは、真っ白なエプロン。

清潔感ただよう 美しいエプロン。

エプロンって普通汚れるから、真っ白なんてそう無い。
それに選ぼうともしない事の方が多いだろう。

それが、やっぱり理想的なエプロン。

汚れるとかそんなんじゃ無い。

そのエプロンをつける事によって、お料理にしろお掃除にしろ向き合う気持ちも姿勢も変わる。
世界観が変わるんだろうな。
そういう魅力のあるエプロン。

学生の頃、気分屋な教授がいて気分屋過ぎて言ってる事がよく分からなかったので、私はほぼ聞く気も無かった。だって、冬になるとスキー優先で授業を組むんだから。
彫刻の授業で石膏を使う事があった。石膏はなかなかデリケートな一面もあって、扱いが難しい。
みんな汚しながら、一生懸命 課題に向き合っていた。
中でも不器用な私は人一倍汚かったし、必死だったので汚れていてもかまわないと思っていた。

が、やってきた。教授が!
 私の方へ。最悪。
眉間にしわ。嫌な予感。  機嫌悪そ〜〜う。

一言、

いいものつくる人は、作業も美しい。

と。
かなり嫌味たっぷりに言われたので隣にいた子が、ぎょっっっ! としていたが、
私は腹立つわけでも無く、あっさり、そらそうやな〜と 納得してしまった。
制作に対する想い全てが含まれるし、何より美意識だ。

その出来事があって以来、自然と出来るようになった。
心底納得するってこういう事なんかな。

まあ今は相手は土なのでそれなりに汚れるけど。
最小限だ。

エプロンを試着していると、そんな制作の場面に居て欲しいアイテムだった。
これをつけて制作なんて、どれだけカッコイイだろうか。
どれだけ美しいだろうか。。。
私なんかが申し訳なさすぎるが、ルー・シーリーみたい。
一気に想像が膨らみエプロンも買った。

家について再び制作するのが楽しみだ。

そして、帰った瞬間、エプロンつけて早速制作。
良好。進む進む。はかどりすぎて、予定より一日早く素焼きを始める事が出来た!!!

明日、一日フリーになるやん!!

そして今日、大阪 中之島で行われてるDESIGN EAST に行く事にした。
(ちなみにこういう急なおでかけには妹を相方に。そういえば昨日の秋篠の森も一緒だった。妹は学生なので学校とバイト以外は実家でウダウダしているから、絶好の獲物となる。一人で楽しむには勿体無いから誘う。今日も起きてから電話したので、どうもまだ寝ていたのか  え〜〜〜急やな〜分かった〜と頼りなく答えた。)

行って良かった。
川沿いの心地良い風が通り抜ける中、これまた素敵なスツールに出会えた。
得る事も沢山あった。
そして併設されているカフェでゆるりコーヒーもいただけた。
(カフェは、お世話になっているラ・ガルリのオーナー河上さん×料理研究家・堀田祐介さんのカフェであり、これまた我が弟がそのカフェでお手伝いさせてもらってる事もあり、ぜひ行きたかったのだ!!)
心地良い野外でのコーヒーは格別だ。
壁一つ隔てて外に出るだけで、こんなにも違う。
大阪の都会といえども自然の力は偉大だ。


そうこうしている内に夕暮れになってきて、夜も楽しみたかったがもう一つ行きたい場所があって先を急ぐ事にした。

玉造のバイエルさんで行われている硝子作家 JOYY.SUZUKIさんの個展へ。

何年か前から、いつか見たいな〜と思っていた硝子で、行ける事が本当に嬉しかった。

やっぱり思っていた以上に美しかった。

硝子がのびやかだった。

やさしかった。

私は10代、硝子に魅了されて夢中だった。憧れの象徴だった。もちろん大学でも硝子専攻。今はご縁あって土で制作させてもらっているが、やっぱり永遠の憧れが硝子にはある。
それは抽象的な思いかもしれないが…。

こんなのびやかで優しい硝子に出会えるのは久しぶりで幸せなひとときだった。

作品の横に添えられてる文章も泣きそうになるぐらい心に響くものばかりだった。
妹が一緒だし、恥ずかしいしでこらえたけど、
思い出した今、涙が出てきた。
夜中の魔力が追い打ちをかける。
まあいいか〜、目が腫れても明日は家で一日釉薬掛け&窯入れだ。

繊細で硝子みたいな美しい方なんだろうな…

そんな作品に出会えるって、本当に幸せな事だ。
バイエルさんに感謝だ!!

何だか人工的なもので溢れかえっているようにも見える世の中だが、本当に美しいものが沢山ある。
どんな事からも美しい事は生まれるし、引き出す事が出来る。

自分次第なんだろうな。
どんな目で向き合うかで世界は変わるんだろうな。

日々、心にとめて出会っていき向き合いたいな。

寄り添いたいな。
[PR]
by mo36a36ni36 | 2010-10-03 04:06