8年

作家の仕事をして約8年。

作家というと偉そうで嫌だな。。。
簡単に言えば陶芸作家なんかな…

どちらにせよ、30歳ではまだまだ恐れ多い肩書きの職業です。

「作られた方ですか?」と聞かれては
「いえ、違います。スタッフです。」
と答えたい事も多々あります。

でも、嫌でも8年もたてば、世に出回った作品数は恐ろしい数…
数えては無いけど800〜1000個ぐらいのおうちをモチーフにした作品達が日本のあちこちに…

たまに、「あぁもぉっ!これは大変!」
となる。←犯した罪のような感覚。

カタチあるものをつくり出す責任。

壊さない限り無くならないモノをつくる仕事。
自分の名前でする仕事への責任。
と、孤独との戦い。

「私がした事では無いです」
とは、今更ながら言えない。
「なんてこったー!」と頭をかかえています(笑)

たまに、はるばる遠くから「作品を見たくて奈良に旅行に来ましたー」と西や東からお越しいただき、恐縮です。

先日も遠くの方から問い合わせがあり、
ちょうど作品が1番少ない時期なので申し訳ないです、
とお伝えした上で、お越しいただいたのには、感謝の気持ちでいっぱいでした。

元々陶芸には夢があったのでは無く、
強い強い「縁」があったのだと思います。

それは、この人生でやり遂げなければならないという試練。

高校から美術専門の学校に通い、
勿論大学も美術の方だから、
美術の環境にどっぷりいた私には、
職業を選ぶ術も無いほど、
生き抜く選択肢は限られていたのも事実です。ただ、他に出来る事が無いのです。

普通になりたいと願ったことも。
って、普通って何よ?です。(笑)
正社員?OL?主婦?母親? 普通なんて何処にも無いのに…

8年前に陶芸を始めた頃は、「早く一人前になりたい!」と、
就職していない為、毎日バイトをし、
帰ってから夜な夜な土を練る練習と制作の研究に明け暮れてました。
と同時に十円ハゲも山ほど作った(笑)

祈るように、毎日繰り返し繰り返し、専念していた日々でした。

あっという間の8年…

あの頃の私には夢のような今かもしれないし、
理想が現実になったのかもしれないけれど、

この責任の大きさに心がギュッとなる瞬間があります。

おうちをモチーフに作られてる作家さんが山ほどいらっしゃるなか、
私のつくるものがいい、と言ってくださる方がいて作り続けさせてもらっています。
こんな有難いことは無いです。

奇跡が積み重なった日々なんだなぁと、
思う日々です。

コミュニケーションのツールの1つとして、、、

「出会う人と温かな言葉を交わすように、作品をつくりたい」

と思い、8年。


山あり谷ありでしたが、
心から、
続けていて良かった!
間違ってなかったんだ!
と思う出来事が、今日ありました。

こんな事をブログに書くのもどうかなと思いましたが、
私の大切な記録と感謝の気持ちを込めて、、、
書き留めておきたく、書きました。

8年経ったけど、
これからもずっと人生全うするまで、
続けることが出来たら幸せです。

これからもこんな私ですが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

*スケジュール*
3/12〜31
奈良町「ボリクコーヒー」さんで個展。

4/3〜9
阪急百貨店うめだ本店10階「スーク」にて「嬉しいモノゴト」に作品出展予定。
[PR]
by mo36a36ni36 | 2013-02-24 01:11


<< 川口静佳 陶器展 今年は… >>